買取業者への依頼

工事現場

どの業者に依頼するのか

建設現場等で使用される重機の利用についてはレンタルや中古品、新品の3つの方法があります。特に重機は耐用年数は長い上に、中古品でもメンテナンスを行っていれば十分使用できます。中古品は納期が短い上、新品と比べると購入費用が安いですが、特に工期が短い現場においては納期が非常に重要となります。このような理由で中古品のニーズは非常に高くなっており、使わない重機や古い重機等は買取業者が査定の上買取をします。買取にあたっては機械の動作確認やメンテナンスを事前に行うと高価買取に繋がりやすくなります。また中古品売買は年末年始にかけて頻繁に行われる傾向があるので、時期を選んで依頼をすると査定金額が上がる傾向があります。買取金額はそれぞれの重機によって異なりますが、業者を選ぶ際には重機等での買取実績が多い業者を選ぶ事が大切です。特にこのような機械は査定にあたっては専門知識が必要となります。また1つの業者だけでなく、複数に依頼をして査定金額を比較する事が重要です。査定金額以外にも複数社に依頼する事で、買取条件の比較も出来る上、業者の対応が丁寧かどうかも比較できます。これ以外には重機には会社のロゴや社名を入れている場合がありますが、売却の際にはこのような社名やロゴはしっかり削除するようなきっちりとした対応が取れる業者を選ぶ事も重要です。スピーディーに対応できるか、対応エリアはどの程度までか等も確認して選ぶ事も必要です。